2017.6.17にJSCA東北支部が主催する「構造デザイン交流会」が東京エレクトロンホール宮城で開催されました。
構造デザイン発表会では弊社新設BIM室による研究『挑戦!BIMを活かして、柱脚鉄筋作図は自動化できるか』を発表しました。

・時代は自動化
・構造BIMでメインBIMソフトとなるRevit
・Revitで出来ないこともDynamoと組み合わせて出来るようになる

というコンセプトの下、研究を行いました。
どうぞご覧下さい。
JSCA-02-02
※クリックで3Dでみれます。↑
発表者とスクリーン
JSCA-02-01
Copyright© 2015 kozo-keikaku
ACTIVITY

■ 感瀑塔 ~螺旋の回廊~

■ 挑戦!BIMを活かして、柱脚鉄 筋作図は自動化できるか

■ プレストレスを利用したRC柱の提案