ACTIVITY

8月20日

大手ゼネコンの構造部長を歴任された、滝田吉男様をお招きして、社内の勉強会を行いました(通称滝田塾)。

勉強会では、(一社)日本建築構造技術者協会主催の、東北構造デザイン発表会(実務者の部)で最優秀賞を獲得した『KOKERASUの森林浴』(JR古川駅前広場にこけしをモチーフにした地域産木材によるトラスで構成した大屋根空間)をあらためて発表したあと、具体的な内容について、フリーディスカッション形式で話し合いをしました。

その際、出雲ドームをはじめ、多くの木造大空間建築の構造設計に携わられた滝田様より、核心に迫った質問や、建設実現に対する非常に貴重なアドバイスをいただきました。そして、これまで、スーパーゼネコンで、難題を克服されながら、多くの印象に残る感動的な作品を作ってこられた滝田様の深いお話は、私たちの新しい構造システムにチャレンジする気持ちを、おおいに高めてくれました。

実際に設計施工された方の、体験された生の声を聞かせていただいて、とても勉強になりました。

今後、滝田様からのアドバイスを糧に、さらに高みへのチャレンジを推進してゆきたいと思います。


Copyright(c)2017 kozo-keikaku
■ 滝田塾(勉強会)