弊社では現在、dynファイルの可搬性、内容の発表時の動作可能性確保を目的として、社外に公開の予定のある業務においては、外部パッケージを利用しない方針でDynamoを利用しており、必要な機能はDynamo、IronPythonからフルスクラッチで作成しています。
ただし、汎用的に利用が想定されるいくつかの機能はZero Touch Nodeを作成・導入しております。
元請担当者様にのみデータ閲覧の予定がある業務においては、業務の効率化のために外部パッケージを利用する場合もあります。

現在下記Dynamo機能の活用法を研究中です。